プレスリリース

しろくま電力(ぱわー)、UDSの宿泊施設にグリーン100%の電力を供給

2021年10月28日

afterFITが運営する電力小売りサービス「しろくま電力(ぱわー)」は、UDS株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒田哲二、以下UDS)が運営する6つの宿泊施設に対し、実質再生可能エネルギー100%の電力を供給します。

しろくま電力(ぱわー)は、実質CO2排出ゼロのグリーン電力100%のメニュー(※1、以下グリーン電力)のみを提供する、グリーン専門の電力サービスです。従来電力に比べて導入コストが高いとされるグリーン電力を、従来と同じ価格(※2)で法人・個人に提供しています。しろくま電力(ぱわー)に切り替えることで、これまで大手電力会社から電力を購入していたUDSの各施設は、コストアップなくグリーン100%電力の調達が可能となります。
今回しろくま電力(ぱわー)が供給するのは、全量トラッキング付FIT非化石証書を使用した電力です。非化石証書とは、再エネなどの非化石電源によって発電された電気から、環境価値を切り離して証書にしたものです。通常、非化石証書は電源を特定せず、非化石電源の環境価値のみを切り出しますが、トラッキング付FIT非化石証書は環境価値(電源)の由来を明らかにします。そのため、トラッキング付FIT非化石証書を活用した電気は、RE100に対する取り組みにも適用できる再エネとして正式に認定されます。

新型コロナウイルスの流行がきっかけで一般消費者のライフスタイルや考え方が変化し、エシカル消費やサステナビリティへの関心が着実に強まってきており、宿泊施設でも「サステナビリティに配慮した施設であるか」を基準に選ぶ利用者が増えつつあります。
しろくま電力(ぱわー)はグリーン電力の供給を通じて、持続可能な社会実現への貢献を支援してまいります。

  • ※1   この電力を構成する電気には、FIT電気が含まれています。この電気を調達する費用の一部は、当社以外のお客様も含めて電気の利用者が負担する賦課金によって賄われています。これに再エネ指定の非化石証書を使用することにより、実質再生可能エネルギー電気100%の調達を実現します。
  • ※2   電気料金の構成・金額は大手電力会社の通常メニューと同じです。大手電力会社とは、北海道電力、東北電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力ミライズ、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9社を指し、各電力会社が提供する低圧向け従量電灯メニューおよび動力メニューの電気料金に準じます。

■切り替えスケジュール
2021年9月より、下記のとおり順次切り替えを実施しております。