事業紹介

一気通貫で高品質・コスト削減を実現

事業

電力事業

●個人・法人向け電力小売り(しろくま電力(パワー))

●個人・法人向け電力小売り(しろくま電力(パワー))

個人や法人に電気を届ける電力小売り事業。afterFITは、「電気代そのまま、脱炭素」を掲げ、従来と同一価格(※)で実質100%再生可能エネルギーを供給しています。電気は「由来」で選べる時代。これまでの「環境にいいものは高い」といった固定観念を払拭し、グリーン電力を誰もが使える社会にしていきます。
>「しろくま電力」の詳細・お申込み

●コーポレートPPA(ソーラーカーポート、オフサイト)

●コーポレートPPA(ソーラーカーポート、オフサイト)

世界的な「脱炭素」の流れのなか、企業は再生可能エネルギーへの電力切り替えを迫られています。なかでも注目されているのが「コーポレートPPA」です。再エネ電気を購入したい「需要家」が、特定の発電設備から電力を直接調達、長期購入契約するモデルです。事業者が需要家の保有する遊休地や屋根上に発電設備をつくり、需要家が自家消費する「オンサイトPPA」と、遠隔の発電設備から送配電網を介して送電する「オフサイトPPA」があります。
afterFITは、発電事業で培った設計・工事・保守管理のノウハウに加え、需給管理・小売り事業をすべて自社で一気通貫で手掛けている強みを生かし、グリーン電力のコストダウンをはかっています。需要家企業は、従来と変わらない電気代でPPAモデルによる調達を実現できます
<0円ソーラーカーポート>
空き地や屋根上、ため池など様々な不動産の活用が始まっていますが、afterFITは「既存駐車場」を太陽光発電所にする取り組み「0円ソーラーカーポート」に力を入れています。企業側は初期費用0円で導入可能で、ソーラーパネルは雨除けの屋根としても活用できるメリットがあります。既存駐車場の改修は工事コストが壁でしたが、afterFITは、独自架台の開発や工事手法のイノベーションで、従来と変わらない電気代で、「生グリーン」を提供しています。
>「コーポレートPPA」の詳細・お問い合わせ

太陽光発電事業主向け事業

●EPC(設計・調達・建設)

●EPC(設計・調達・建設)

日本の再エネ不足を解決するには、発電所の低コスト化が必要です。afterFITは、EPCのイノベーションを通じて、建設コストを削減し、発電量を最大化する発電所づくりを追求しています。たとえば、3D設計による発電所づくり。レーザードローンによる測量で地形を正確にとらえ、3D設計で自然の地形を生かして太陽光パネルを配置。影を減らして発電量を最大化するとともに、造成費を抑えます。効率的な配線設計、パワーコンディショナーの配置や組み合わせ、独自架台の開発なども進めています。
>afterFITの「EPC」詳細

●O&M(Operation & Maintenance:運営・保守・メンテナンス)

●O&M(Operation & Maintenance:運営・保守・メンテナンス)

太陽光発電所はつくって終わりではありません。発電所のポテンシャルを20年後も100%引き出せるか、発電量を維持できるかは、メンテンナンスがカギを握ります。トラブルを早期発見し、スピーディに適切に対処することが欠かせません。
afterFITには、電気主任技術者やドローン操縦士がそれぞれ50名以上在籍。ドローン活用を標準化し、AI解析で小さな不具合も検知します。定期点検の項目を業界基準以上に細かに定義し、点検結果や画像はスマートフォンで現場から入力してIT管理。本社内にいる分析の専門家と連携し、本来あるはずの発電量と実発電量の比較から不具合を発見します。高品質なO&Mを低価格で提供。その分析力は他社からも信頼され、大手発電事業者の業務を数多く受託しています。
>「O&M」サービスの詳細・お問い合わせ

●AM(アセットマネジメント)

●AM(アセットマネジメント)

太陽光発電所の管理は、O&Mによる技術的管理だけではありません。資産面からも、効率的・効果的に運用し、再生可能エネルギーの普及を長期的に支えることが必要です。再エネの社会インフラとしての重要性が増すなか、投資目的で所有された発電所であっても、市場環境変化や技術面の知識にもとづいた運営で、低コストの電力を社会に供給することが求められています。
afterFITは、自社で太陽光発電所を開発・保守管理してきた実績を生かし、O&Mサービスとあわせてアセットマネジメント業務を提供しています。

●中古発電所買取(セカンダリー)

●O&M(Operation & Maintenance:運営・保守・メンテナンス)

グリーン電力ニーズの高まりとともに、太陽光発電所の中古売買市場は拡大しています。
afterFITも、発電所の買取を積極的に行っています。太陽光発電所を自社で運営し、発電量に関する分析を重ねてきたノウハウから、高い精度でシミュレーションし、適切な発電量予測にもとづく価格をスピーディに提示します。発電量が低下傾向にある発電所についても、メンテナンス技術とノウハウで本来の発電ポテンシャルを引き出すことを織り込み、高価格を提示できます。仲介業者が介在しない直接取引なので手数料もゼロ。グリーン電力小売りの普及・拡大のため、自社保有・取得発電所を増やしています。
>「発電所買取」の詳細・お問い合わせ

<取引先>
株式会社Wave Energy、カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社、株式会社九電工、京セラコミュニケーションシステム株式会社、大和証券グループ、東京ガス株式会社、東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社、東芝三菱電機産業システム株式会社、ハンファエナジージャパン株式会社、三菱HCキャピタル株式会社、山佐株式会社、リコーリース株式会社、リニューアブル・ジャパン株式会社、株式会社レーベンクリーンエナジー

発電所開発事業

●開発

●開発

発電所の開発には、適切な土地を探し出し、用地を取得し、発電量予測にもとづく収支・造成計画を立てて案件化した後、発電所の設計、部材の調達、建設・工事を進めます。afterFITは、これらのすべてを自社で行っている、国内有数の企業です。

●AI解析と衛星データによる発電所適地の選定

●AI解析と衛星データによる発電所適地の選定

日本は2030年までに再エネを36~38%とする目標を掲げていますが、国内の発電所不足が課題となっています。平地が少なく、送電網に空きがないため、発電所の「適地」が足りないと言われています。
この状況下でも発電所を増やすため、afterFITは日本中をAIで解析して「適地」を探しています。衛星画像に気象データ、土地情報、送電網の状況などさまざまな情報を重ね合わせ、全国を500平方メートル四方に区分し152万か所を分析。採算面も含めて発電所建設が可能と判断した土地に対し、発電所開発を進めています。

●風力発電

●風力発電

太陽光発電は夜間に電力を生み出せないため、グリーンエネルギー100%を実現するには、風力発電などと組み合わせて普及させる必要があります。afterFITは、北海道・えりも地域で国内最大級規模の風力発電建設を計画しているほか、風況の良い適地で小規模な風力発電所開発を進めています。

●海外事業

●海外事業

afterFITはアジアにも拠点を広げています。土地が東西に広く、日射量は日本の1.5倍とも言われるインドネシアは、グリーンエネルギー大国となるポテンシャルが高い国です。もう一つの拠点はベトナムにあります。ベトナムのトップ大学と提携して、高度な太陽光発電の知識を持つ電気主任技術者の育成に取り組んでいます。社会人向けと学生向けがあり、2年間の独自プログラムで、日本語の主任技術者試験に合格するよう支援。日本の発電所で経験を積んだ後、将来は母国ベトナムの発電所で活躍する高度な人材の育成を目指しています。

メディア・情報コンサル事業

●EnergyShift(エナジーシフト)

●EnergyShift(エナジーシフト)

脱炭素社会を実現するためには、知見の共有や議論が不可欠です。「エナジーシフト」は、最新ニュースに関して意見を述べ、「脱炭素」のスペシャリストたちが議論する場として、運営しています。世界の動き、国内の政治・政策動向、先進企業の取り組みなど、市場規模3,000兆円とも言われている脱炭素ビジネスの最新ニュースを追いかけます。
>EnergyShift

●エナシフTV

●エナシフTV

「エナシフTV」は、「Energy Shift」のエッセンスを凝縮したYouTubeチャンネルとして誕生しました。忙しい読者に短時間で分かりやすくニュースを届けるべく、脱炭素・気候変動関連やSDGsに関するニュースを5分強で解説を付けて紹介しています。ビジネスの武器となる知見をわかりやすくお届けしています。
>「エナシフTV」

●脱炭素コンサルティング

●脱炭素コンサルティング

EnergyShift事業の一環として、脱炭素を進める企業のコンサルティングを提供しています。なかでも対策が急務となっている「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」に沿った情報開示について、ワンストップコンサルティングサービスを行っています。TCFD情報開示におけるリスク・機会の選定・分析、シナリオ分析、財務影響評価、CO2排出量・削減目標値の算出に関するコンサルティング支援をします。